最新情報

2018 / 12 / 07  13:12

五十肩はつらいよ

【五十肩】は50歳代に多く見られることからそう呼ばれているそうで、40歳代であれば【四十肩】になります。

しかしながらいずれも俗称で実際は『肩関節周囲炎』と呼ぶそうです。

症状としては関節周囲の筋肉に炎症を伴い、これにより関節拘縮(関節包や靭帯を含めた関節周辺の組織が収縮して運動を制限された状態)が起こり、腕を挙げたりする可動域の限界に近づくと痛みが発生します。

そしてこの関節拘縮は進行するので徐々に可動範囲が狭まり、痛みも増加してきます。

一般的には自然治癒することが多く、されとて完治までに約2年かかるようで、この間生活にも支障をきたします。

さらに自然治癒後も関節の可動域制限や筋力低下などの機能障害が残ることが多いようです。

こうなっては日常生活や運動にも制限が出てしまうので、早めに対策を講じることをお勧めします。

EISHINコンディショニングでは関節拘縮の緩和と改善を狙った施術をおこない、可動域が広がり動かせるようになることで痛みも緩和してきます。

さらに機能障害を残さないようにリハビリをおこないますので、症状改善後も腕の挙上が可能になります。

五十肩の整体にはこの〝リハビリ〟がポイントで、これなくして整体で五十肩を改善させる意味はないと思います。

痛みを取り去り、かつ動きも修復することがEISHINコンディショニングを選んでいただく理由と自負しております。

なかなか回復しない五十肩をお持ちでしたら、お気軽にご相談くださいませ!