最新情報

2018 / 10 / 18  15:30

歩幅は【腕振り】でつくる

 

『歩幅を大きくして歩きたいのですが・・・』

 

という整体のご依頼をいただきました。

 

単に脚を大きく踏み出せばいい・・と考えがちですが

ご高齢の方や身体が極端に硬い方は難しい場合もあるようです。

 

そんな時、わたしは《腕を大きく振って歩く》ことを

おススメしています。

 

そもそも歩幅とは腕の振り幅に連動していて、

大きく腕を振れば膝も高く上がりやすくなります。

そのぶん歩幅も大きくなる。

逆に小さく腕を振れば膝のあがりも小さくなる。

 

歩幅が小さい方や前つんのめりで歩く方は、

腕が使えていない場合が多いようで

ほとんど腕を振らずに歩いている様子がうかがえます。

 

改善の練習としてまずはその場で足踏みをし、

腕を伸ばして前後に振りつつ、

だんだんと振りを強くしていくと脚が同調して膝が上がってきます。

甲子園入場の高校球児のイメージでやってみてください。

 

最初は脳と筋肉の反応が悪いので動きがぎこちなくなりますが、

だんだんと慣れてくると楽に足踏みできるようになります。

 

こういった《腕を振って歩く》という練習を取り入れることで

姿勢も改善にむかい、上体が起き上がって膝が上げやすくなり

腕も大きく振れるようになります。

 

普段のウォーキング中でも、早く歩きたいときは腕を大きく早く振り、

ゆっくり歩くときは振りを小さくするなど、

緩急をつけたウォーキングエクササイズに取り組んでみてください。

 

ca1682e3f924a97528e0d41446283309_m.jpg